選ぶポイント

パステルカラーのアパート

少し郊外の住宅地のエリアになると、利便性の高い立地にも関わらず遊休地のまま一切活用のされていない不動産が割とあります。
郊外の地域はほんのしばらく前まで田畑が広がっていた地域も珍しくなく、そのような土地が急速に変化を遂げてくると、土地を所有している方がまだまだ変化についてこれていないことも多くあります。
特にある程度年配の方になるほど過去をたいせつにするもので、時代の変化に対応ができないでいてしまうことがあります。
自分の所有している土地の価値を十分に理解できていない場合もまだまだあります。
しかし遊休地の状態で置いていても固定資産税は多く徴収されてしまいます。
立地のいい土地ならなおのことアパートを建設することで、固定資産税対策はもとより、収益を上げることもできるようになります。

もちろんアパートを建設して事業化をするにはそれなりの資金が必要になります。
なかなか現金で準備をできない場合も多くあります。
さらには個人事業者であったり、年齢を重ねていたりすることなどによって金融機関から融資を受けにくいということもあります。
しかしアパート建設をする場合、その建設をする事業者が金融機関から融資を引っ張ってきてくれます。
その返済に関してはアパートが完成した後の入居者の家賃があてられるようになっていきます。
そのために当初は融資の返済があるので手元にはそれほどの収入が残ることはないかもしれません。
それでも毎月コンスタントに目立った管理をしなくても収入を得ることのできるようにありますから、遊休地のままでなくアパートの建設をしたほうがいいでしょう。